· 

梅雨時期の不安定肌

梅雨時期の不安定肌の原因の一部は、季節にも関係しています。

1.気温も湿度も上がってくるため、蒸し暑い

2.雨降り後の晴れ間の紫外線は、通常より強い

3.皮脂や汗の分泌が活発になる

4.細菌や真菌が元気になる

5.雨降りが続くと、ストレスが増える

6.心身ともに、梅雨の季節変化についていけなくなる・・などに理由より、化粧崩れやニキビ、かぶれ、肌荒れなどが増えてきます。

 

肌の調子が悪いときは、メイクを薄くしたり、オイルクレンジングを中止したりして、肌を休息させてあげましょう1週間しても、肌の調子が良くならないときは、早めに皮膚科受診をしてください。


サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.