· 

どこから洗いますか?(洗顔の順番)

同じ顔でも、皮膚の厚さが違ったり、皮膚の下に骨があるかないか、皮脂腺が多いところやないところなど、変化に富んでいます。そのため、油っぽいTゾーン(額~鼻)と顎からしっかり洗い、乾燥しやすい頬や目元、口元はソフトに洗うのが正解です。髪の生え際も忘れないように洗顔します。

 

手の動かし方は、Tゾーン(特に小鼻場の横)はくるくると円を描くようにとか、内から外、下から上とも言われています。

 

 

力の入れ具合は、

1.肌に指が触れるか触れないかの程度

 

2.指先で産毛をなでるように

3.皮膚が動かないように

4.泡だけを動かして・・などといわれています。

 

洗顔中、肌にシワがよったり、手が引っかかるような場合は、力が入りすぎです。

 

使用する指は、2~4指といわれていますが、どうしても力が入りすぎてしまう方や、肝斑がある方は、中指と薬指のみで洗うのも効果的です。


サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.