· 

妊娠中の美容治療

妊娠中は残念ながら敏感肌になったり、光に過敏になる方が多いため、レーザー治療、フォトフェィシャルや、薬品を使うケミカルピーリング、微細電流が体内を流れるイオン導入など、どの美容治療も大体禁止です。

ホームピーリングや美顔器でのイオン導入や超音波導入、ハイドロキノンなども、使用説明書を読んでいただくと、使用できなくなっているはずです。こうなると、日々のスキンケアが重要になってきます。

 

 

 

 

妊娠中のホームケアとしては

 

1.初夏~秋にかけては、美白化粧品(ビタミンC,E誘導体、フラーレン入りなど)でケア

2.肌が荒れている時は、敏感肌・アトピー肌用の化粧品でケア

3.良質の蛋白質、適度な脂質、ビタミンB・Cや食物繊維、ミネラルを含むバランスの良い食事

4.ノンケミカルの日焼け止めでのUVケア

5.小物(帽子、日傘、サングラスなど)で紫外線予防

6.スペシャルケアはシートパックでリラックス

7.葉酸(ビタミンが配合された)サプリメントの内服

8.機械を使用しないエステでのハンドマッサージはOKです


サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.