· 

泡立ても程々に・・正しい洗顔法

泡で洗顔すると手と肌の間の摩擦が減り洗浄力も上がります。

 

だから泡洗顔は肌にいいのですが・・泡立てに熱中するあまり何分間もゴシゴシ一生懸命泡立てをしていると、事前にぬるま湯で濡らした顔から

 

どんどん水分が逃げていって逆に乾燥してしまいます。

 

洗浄成分により泡のたち方も違います。一般的にはアルカリ性の方が泡立ちがよく、酸性のものの方が泡立ちが少ないといわれています。

 

泡を多くしてしまっては洗浄剤の量が増えるばかりで逆に肌荒れの原因になりますし・・以上より、泡立てもほどほどが一番です。

 

 

 

泡立てが苦手な人や敏感肌・乾燥肌の人、私のように不器用な人には、元々ポンプを押すだけで泡が出てくる泡洗顔をオススメします。

 

 

正しい洗顔と続けていると1ヵ月程度で肌の水分量が増えてくるそうです。

美肌は毎日のスキンケアからです「美肌は、1日にして成らず」ですね。


サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.