2013年

1月

18日

フォトフェイシャルのについてのお願い<m(__)m>

フォトフェイシャル当日のメイクは、バッチリメイクしていない方が本当はありがたいです。(もちろんフォトをする前にW洗顔はしていただくのですが。。。)

最近アイメイクに困っています。私的には薄く日焼け止めかBBクリームに軽く眉とチークとリップとお粉くらいだとかなり嬉しいです~♪

なぜかというとあんまりバッチリメイクだとパウダールームでW洗顔してもらっても顔に細かいマスカラの残りカスがあちこちに残って付いている方が多いので。。。(コレはたぶん最近のマスカラの形状によるものだと思われます!)

かなり几帳面な私はフォトを照射しながら綿棒の先でジェルの中の「マスカラカス」をチョコチョコ取りながら照射しています。

ちなみにエクステの場合は、せっかくのエクステが取れるともったいないのでイオン導入やエレクトロポーレーションが目のキワまで施術出来ないことが残念です。

濃いファンデーションを塗っていた場合落としきれなかったファンデーションが

うっすら残ったままフォトをすると反射するので照射時の痛みが強くなってしまいます。なので、この場合も薄化粧がおススメです

同様に洗顔時のタオルが毛足が長いものだったり、濃い色(紺など)だとタオルの糸が顔に付いたままになることが多いので照射の時に取り取り照射しています。

一番残念なのは画像診断する時にタオルの糸が映り込んでしまうこと。せっかくの隠れジミが診断できません。。。

次に受診時の洋服ですが出来ればあまり高価なものや毛足が長いものタートルネックは避けていただきたいです。。。これは十分気を付けているのですが、フォトの照射時のジェルや、エレクトロポーレーション、イオン導入のお薬が大切なお洋服に付いてしまうことがあるからです。。。

アゴや首の近くまで照射したい場合もタートルネックだと折り曲げていただかないと照射できなくなるので。。

かなり細かいことですが私側から少し「もったいないな。」と思うことになります。何卒よろしくお願いいたします<m(__)m>


サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.