2012年

9月

18日

美容皮膚科の女医が使ってる☆ベースメイク

最初にジェーン・アイルデールのマジカルメイク下地☆スムースアフェアをベースに塗って、その上から診察で1日室内にいるときで、紫外線の強い時期(春・夏)はSPF50(来年4月からPA++++表記になる)ラロッシュポゼのUVイデアXLBBのライトを使用しています。 

 

秋・冬は乾燥しにくいジェーン・アイルデールのドリームティント SPF15のライトとリキッドミネラルのビスクをmixさせて使用して肌の負担を最小限に。

 

お出かけするときは、日焼け止めはSPF90のヘリオケアジェルを塗って、その上に崩れにくいのに美容液効果が続く杉本彩さんプロデュースのリベルスキン ファンデーションのフェアリー グレース を愛用しています。なるべく肌に負担のない形で肌がきれいに見えるベースメークをいつも探しています。 

 

その上から自宅で使うパウダーは、ラメが入ったミネラルパウダー☆リベルスキン ミネラルパウダーのバニラ ベージュ ハイライト 、お出かけ先での化粧直しは、ジェーン・アイルデールのビヨンドマットのトランスルーセント、首などにはジェーン・アイルデールのPowder-Me サンスクリーンパウダーSPF30のトランスルーセントを使ったりしています。


サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.