8月のスキンケア

8月は夏真っ盛り!紫外線と汗に注意が必要です。

紫外線は皮膚だけでなく体の中にも影響をあたえます。長く紫外線に当たると疲れたりだるくなったり体温があがったりするのはそのせい↓

免疫力も落ちるので、湿疹やニキビが悪化したり、ヘルペスが出来たりします。

長い時間外出する予定がある時は、まめに建物や木陰の中に入るように注意しましょう。日陰は日向の50%紫外線が抑えられるんですよ。

 

汗も皮膚にトラブルを起こします。あせもや蕁麻疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎や湿疹も汗の刺激で悪化します。汗をかいたまま放置しないで、タオルでこまめに汗を取りましょう。乾いたタオルやハンカチよりも、ぬれたタオルの方が水分だけでなく汗の成分も吸収してくれるので効果的です。可能なら低めの温度でさっとシャワーを浴び、乾燥が気になる場合は、保湿剤でスキンケアし下着をかえましょう。

体を洗う時は毎回石鹸を使わずに、洗い流すだけo.k.です。石鹸の使用は1日1回程度に留め手のひらで泡をなでるようにして洗ってください。

下着は綿素材のように汗を吸収してくれ、さっと乾きやすいもので、締め付けないタイプがおすすめです。

節電いわれていますが、エアコンも上手に使えば有効ですよ。


サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.