フォトRF

フォトRFとは?

e-light
光とRF(高周波)のダブルアクションで理想の肌に仕立てます

フォトRFは、APL(パルスライト)の光エネルギーにRF(高周波)を加えたものです。

RFの熱を同時に照射することで、よりバランスよく真皮に届けられた光エネルギーは、線維芽細胞を再活性し、コラーゲンやエラスチンの生成が促され、小じわや毛穴の開き、ニキビ痕、肌のハリを改善します。

真皮上層にある拡張毛細血管が収縮するので、顔の赤み・毛細血管の開きにも効果的です。

表皮では沈着してしまったメラニンを破壊し、メラニンの排出によってシミやくすみも改善し美肌をつくります。

シミ・ソバカスなどは、照射直後~数日で濃く浮き出てくるものもあります。洗顔や入浴を繰り返すことで、1~2週間程度で自然にはがれ落ち、シミのないクリアな肌が現れます。無理に引っ掻いたり、はがしたりしないでください。

血管拡張などの赤みは、治療直後に血管が消える場合と、血管が灰色っぽく変色し、1週間程度で消失する場合と個人差があります。

肌へのダメージが少ないため、治療後は洗顔もお化粧も大丈夫です。レーザー治療と異なり、特別な場合を除き治療後にガーゼやテープを貼る必要がありません。

照射時に同時に働く冷却システムにより正常な皮膚はガードされ、身体に感じる痛みはほとんどありません。 

 

※ フォトRFによる美肌治療は、1回で全ての症状を改善するのではなく、複数回の治療を継続することにより、少しずつ穏やかに肌質が改善していきます。治療は3~5週間に1回程度の照射間隔で行います。

 

フォトRFオーロラ

フォトRF照射イメージ
フォトRF照射イメージ

効果:シミの改善・美白効果・肌のハリ、キメの改善

   小じわの改善・毛穴の開きの改善・赤ら顔の改善

 

※当院のフォトフェイシャルの一般的な治療はフォトRFオーロラになります。

 

 

30代女性治療前
30代女性治療前
フォトRFオーロラ1回目照射2週間後
フォトRFオーロラ1回目照射2週間後

フォトRFアドバンス

効果:比較的多数の薄いシミの改善・シミの改善・赤ら顔の改善・美白効果

 

※当院ではフォトRFオーロラで取りきれなかったシミに対して紫外線の弱い時期に医師が判断して照射しています。

20代女性治療前
20代女性治療前
フォトRFアドバンス1回目照射8日後
フォトRFアドバンス1回目照射8日後

フォトRFリファーム

STリファーム照射イメージ
STリファーム照射イメージ

効果:疲れ肌の改善・小顔効果・肌のハリ・たるみの改善・小じわの改善・毛穴の開きの改善

 

波長700~2000nmの赤外線は皮膚を熱エネルギーで暖め、その後RF(高周波)によって真皮全体に均一に作用されるように設計されています。そのため肌のコラーゲンを再構築増成し、肌の引き締め(リフトアップ効果)とハリ感を生み出す治療です。治療時間は顔全体で約30~40分くらいです。

フォトRFリファームによる美肌治療は、1回で症状を改善するものではなく、複数回の治療を継続することで効果を高めることができます。3~5週間に1度のペースで、3~5回(1クール)治療を繰り返すことで、長期にわたる高いタイトニング効果を実感できます。1クール終了後のメンテナンス治療は、3~6ヶ月に1回が目安になります。治療後ガーゼやテープを貼る必要はありません。痛みはほとんどありませんが、部位によっては(骨が出ている部分など)痛みを感じる場合があります。

 

※当院では額の照射は行っておりません。

30代女性治療前
30代女性治療前
30代女性治療後
30代女性治療後

フォトRFワキ脱毛

従来のレーザー脱毛ではメラニン(黒)に反応させるため、皮膚の深い部位やうぶ毛に対する効果が弱点でした。高周波(RF)は皮膚の奥まで到達するので、深いところから生えている毛に対しても効果を発揮します。さらに、RFは毛の高周波抵抗を利用しているため、うぶ毛に対しても効果が得られます。

 

※現在脱毛はワキのみの施術となっております。


【脱毛前の処置】

  1. 数日前に脱毛する部位をカミソリで剃ってきてください。長い毛があると照射時に火傷の原因や、脱毛の効果が悪くなる場合があります。
  2. 毛抜き、ワックス脱毛、毛を抜くタイプの家庭用脱毛器で処理をしている方は、治療開始2ヵ月前から剃毛(毛を剃る)だけの処理に変えてください。
  3. 脱毛する部位は、日焼け止めクリームを塗って、強い日焼けを避けてください。
  4. 脱毛される方はキャミソール・タンクトップなどを着てくるか、持参してください。

 

【脱毛後の注意事項】

  1. 治療当日は入浴やサウナを控えて、シャワー浴にしてください。
  2. 脱毛部位は4~5日間タオルやスポンジで強く擦らないようにしてください。
  3. ワキを脱毛した方は、制汗スプレーなどの使用1週間前後は避けてください。
  4. 2、3日は治療部位を圧迫するような下着類は避けてください。
  5. 脱毛直後は直接日光が当たらないようにしてください。日焼けをすると炎症後のシミになりやすくなります。治療後半年程度は日焼け止めを使用してください。
  6. フォトRF脱毛は、従来のレーザー脱毛のように、照射直後すぐに毛がなくなるわけではなく、約2週間かけて自然に抜けていくか、軟らかい毛に変わっていきます。
  7. 通常は30~50日後に次の治療をしていきます。
  8. 脱毛を完了するためには、通常5~10回の照射が必要ですが、脱毛効果には個人差があります。(女性ホルモンが安定していない10代の間は回数が多くかかることが多い場合があります。)

 

治療の出来ない方

  1. 内臓疾患(心臓疾患・悪性腫瘍・出血性疾患・糖尿病・てんかん発作・アルコール中毒などで通院治療中の方)
  2. 妊娠中の方や出産後6ヵ月以内の方
  3. ケロイドのある方
  4. 金属プレートを体内に入れている方
  5. ペースメーカーや埋め込み除細動器を体内に入れている方
  6. 日焼けをされている方(マリンスポーツ、登山、ゴルフ、日焼けサロン、その他野外でのスポーツなど積極的な日焼けをされた方)
  7. 金の糸を挿入されている方
  8. 糖尿病でインスリン注射をされている方
  9. 光に対して感受性のある方や光の感受性を高める薬を飲まれている方

フォトRF治療の流れ

治療時間は約15~20分

  1. 治療前に洗顔でメイクや化粧水、日焼け止めを落とします。タオルをご持参ください。 マスカラが残っていると照射しにくくなります。できるだけ当日はアイメークを避けてください。
  2. フォトRF照射:目を保護する専用のメガネを装着。光エネルギーを皮膚に浸透しやすくするために冷却ジェルを塗布し、治療範囲を照射します。ピカッピカッとカメラのフラッシュのようにレーザー照射時に光り、同時にほのかな熱さ、多少チクチクする痛みを感じることがあります。
  3. アフターケア:治療直後からすぐお化粧ができ、特別な日常生活の制限はありません。治療後はしっかりと保湿とUVケアをし、強い日焼けを避けてください。

 


サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.