フォトブライト治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では光治療「フォトブライト治療」を開始しました。

光治療「フォトブライト治療」とは、タイタンやジェネシス治療などでもお馴染みのキュテラ社が開発した光治療器(ハンドピース)を用いたIPL治療のことです。

ライムライトとは?

従来の光治療器は白人(欧米)向けに開発された規格を日本人用に設定しなおして使用していますが、今回新しく導入された「ライムライト」ハンドピースは日本人の肌(色白の方から色黒の方含む)を考え、日本人医師とキュテラ社が共同で開発したものです。数ある光治療器の中でも比較的痛みが軽く、従来のIPL治療器(フォトフェイシャル・フォトRF)で諦めかけていたしみやそばかすに対しても高い効果が期待でき自信をもってお勧めできる治療です。

適応症状

  • しみ・そばかす・くすみ
  •   毛細血管拡張症
  • 肌の質感の乱れ、小じわ、毛穴の開き
  • 赤ら顔、にきびあとの赤み  など

ライムライトの作用

  • 表皮に対する作用:メラニンに反応し、しみ・そばかすを改善します。ターンオーバーを促進し、停滞したメラニンの排出を促し、くすみの改善、美白効果、キメの改善効果があります。
  • 真皮に対する作用:拡張した血管に反応して毛細血管拡張を改善します。線維芽細胞、真皮コラーゲンへの熱作用でコラーゲン増生を促し、肌の質感、ハリ、毛穴の開きを改善します。

治療方法と治療中の反応

  •  洗願後、お顔全体に光を照射します。
  • 照射はお顔全体の場合で約5〜10分間です。
  • しみの治療後は、34日で薄いかさぶた(マイクロクラスト)となり、710日かけて剥れていきます。
  • 症状や反応にもよりますが、基本的には3-4週間隔で3-5回の治療を繰り返し受けることをお勧めします。
  • 症状の改善が得られたあとは、繰り返し治療を受けるとより効果を実感される治療ですので、メンテナンスのために3ヶ月を目安に治療を続けることをお勧めします。

ライムライト治療の流れ

治療時間は約5~10分

  1. 治療前に洗顔でメイクや化粧水、日焼け止めを落とします。タオルをご持参ください。 日焼け止めやメイク、マスカラなどの洗い残しがあると、治療効果が落ちたり、副作用が生じたりします。できるだけ当日はアイメークを避けてください。
  2. ライムライト照射:目を保護する専用のゴーグルを装着。光エネルギーを皮膚に浸透しやすくするために冷却ジェルを塗布し、治療範囲を照射します。ピカッピカッとカメラのフラッシュのようにレーザー照射時に光り、同時に照射部位にほのかな熱さ、多少チクチクする痛みを感じることがあります。
  3. アフターケア:治療後にほてり感やヒリヒリした感じが数時間から1日続く事があります。その場合は保冷剤などでクーリングをすると早く軽快します。治療直後からすぐお化粧ができ、特別な日常生活の制限はありません。治療後は肌が乾燥しやすいためしっかり乳液やクリームなどで保湿と、日焼け止めでUVケアをし、強い日焼けを避けてください。マッサージなどの強い刺激は数日控えてください。
  4. 3〜10日後:部分的にマイクロクラスト(薄いかさぶたのようなもの)が出来る場合があり、しみが一時的に濃くなってように見える事があります。その場合でもかさぶたの上からメイクする事が出来ます。洗顔などで自然にはがれていきます。無理にはがしたり、強く擦ったりせず、自然に取れるまで待ちましょう。通常は約1週間程度ではがれます。痒みがある場合でも、掻いたり擦ったりしないでください。

 

トータルな美肌のために

光治療は、肌にほとんどダメージを与えることなく、皮膚の若返り(美白、くすみ、しみ、しわ、たるみなどの改善)を得られる人気の治療法です。

しかし、肌の色や状態(日焼け直後など)によっては「軽度のやけど」を生じる可能性があります。

より安全で、治療効果を確実にするためには、治療前後の適切なスキンケアが重要です。

 

治療前後は、万全の紫外線対策を心がけてください。

光治療の光エネルギーは、黒色(メラニン色素)に吸収される特性があります。そのため、メラニン色素が存在している日焼け直後や色黒の人の肌には、光エネルギーが強く反応しすぎてしましい、軽度のやけどや色素沈着、しみの再発の原因になってしまいます。

 

日焼けしている肌には治療出来ない場合もある為、強い日焼け後は最低2週間程度あけてから治療を受ける事をおすすめします。

アキュチップ(ピンポイントブライトニング光治療器)

ピンポイントブライトニング「アキュチップ」は、シミ、そばかす、毛細血管拡張に効果を発揮する光治療です。わずか6.35ミリのピンポイント照射なので、治療部位以外の肌を傷付けません。従来のレーザー治療と違って治療後にガーゼを当てたり絆創膏を貼ったりする必要がなく、すぐにお化粧ができます。

 

当院ではシミ取りレーザーは冬季(11月〜2月)に行っていますが、アキュチップの治療は通年可能です。

効果:しみ、そばかすなどの色素病変の改善・毛細血管拡張症や単純性血管腫などの改善

 

※当院ではライムライトで取りきれなかったシミに対して紫外線の弱い時期に医師が判断して照射しています。

プロウェーブ脱毛

当院では、ProWave770という医療用永久脱毛機器を使用しています。

この機器は、臨床的に脱毛効果が認められているアレッスク/ダイオード/ヤグを基準とした波長を患者さまのSkin TypeHair別に使い分けることができる安全で効果的な脱毛専用機です。

照射面積も広く、安全に少ない施術回数で脱毛が難しいとされる産毛まで処理します。

 

ProWave770の特徴:

  1. 施術時間がよりスピーディーに!
照射面積が広くこれまでの脱毛機より施術時間が短くなります。

  2. 部位によって異なるSkin状態とHairの種類(剛毛/軟毛)にもすばやく対応します

火傷の原因とされる770nm以下の波長は出さず、脱毛効果のある3つの波長を患者様によってプログラムできるのはProWave770だけです。

  3. ダウンタイム、副作用がほとんどありません
お肌に優しいブロードバンドライトなので、ダウンタイムを気にする必要はなく、副作用もほとんどありません。

  4. 美肌・美白効果があります

脱毛後は毛がなくなるために毛穴がふさがり、毛穴が目立たなくなり、肌のきめが細かくなります。

また肌のくすみやざらつきを改善し、肌が明るくなるという効果もあります。

 

 

  ※現在脱毛はワキ、口周りのみの施術となっております。

【脱毛前の処置】

  1. 数日前に脱毛する部位をカミソリで剃ってきてください。長い毛があると照射時に火傷の原因や、脱毛の効果が悪くなる場合があります。
  2. 毛抜き、ワックス脱毛、毛を抜くタイプの家庭用脱毛器で処理をしている方は、治療開始2ヵ月前から剃毛(毛を剃る)だけの処理に変えてください。
  3. 脱毛する部位は、日焼け止めクリームを塗って、強い日焼けを避けてください。
  4. 脱毛される方はキャミソール・タンクトップなどを着てくるか、持参してください。

 

【脱毛後の注意事項】

  1. 治療当日は入浴やサウナを控えて、シャワー浴にしてください。
  2. 脱毛部位は4~5日間タオルやスポンジで強く擦らないようにしてください。
  3. ワキを脱毛した方は、制汗スプレーなどの使用1週間前後は避けてください。
  4. 2、3日は治療部位を圧迫するような下着類は避けてください。
  5. 脱毛直後は直接日光が当たらないようにしてください。日焼けをすると炎症後のシミになりやすくなります。治療後半年程度は日焼け止めを使用してください。
  6. プロウェーブ脱毛は、従来のレーザー脱毛のように、照射直後すぐに毛がなくなるわけではなく、約2週間かけて自然に抜けていくか、軟らかい毛に変わっていきます。
  7. 通常は30~50日後に次の治療をしていきます。
  8. 脱毛を完了するためには、通常5~10回の照射が必要ですが、脱毛効果には個人差があります。(女性ホルモンが安定していない10代の間は回数が多くかかることが多い場合があります。)

 

治療の出来ない方

  1. 内臓疾患(心臓疾患・悪性腫瘍・出血性疾患・糖尿病・てんかん発作・アルコール中毒などで通院治療中の方)
  2. 妊娠中の方や出産後6ヵ月以内の方
  3. ケロイドのある方
  4. 金属プレートを体内に入れている方
  5. ペースメーカーや埋め込み除細動器を体内に入れている方
  6. 日焼けをされている方(マリンスポーツ、登山、ゴルフ、日焼けサロン、その他野外でのスポーツなど積極的な日焼けをされた方)
  7. 金の糸を挿入されている方
  8. 糖尿病でインスリン注射をされている方
  9. 光に対して感受性のある方や光の感受性を高める薬を飲まれている方

サイトマップ
Copyright (C) 濱田皮膚科 All Rights Reserved.